主にニュース系の最新情報を纏めています。( ゚д゚)いやはや管理人も大変です。(・ω・)

【古代】「文明など、ろくなものではない」 農耕が“戦争”を引き起こす…縄文人が「中国文明」を拒んだ本当の理由 ★2 [樽悶★]

この記事を読み終わるおよそ時間は 3

1 :樽悶 ★:2021/06/26(土) 13:34:29.62 ID:7JJy63fj9.net
古代の日本人は大陸の先進文明を遠ざけていた節がある――。彼らはなぜ、農耕や金属生産などのテクノロジーに対して拒絶反応を示したのか? 彼らが、大陸と行き来していた海人たちの情報から知った「文明の恐怖」とは?

■日本列島人は文明を拒んでいた?

太古から日本列島人は、根本的なところで「中華」や「中国文明」を遠ざけていた気配がある。

不思議なのは、日本の中国文明に対する接し方だ。日本列島人は、中国文明を仰ぎ見つつも、すべてをそっくり受け入れようとはしなかった。

隋や唐で整った律令制度を、七世紀の政権はよく学び、死に物狂いで整備していったが、それでも「皇帝の絶大な権力」を、日本の天皇には当てはめなかった。ヤマト建国時から続けられてきた豪族(貴族)による合議制を守ったのだ。

それが太政官システムで、ここで決まった案件を天皇が追認し、文書にすることで、行政が動いた。同じ律令制度だが、ここに、大きな差がある。日本は中国の猿まねをすることはなかった。遣唐使船は多くの文物を日本に持ち帰ったが、日本人が必要と思うものだけを、取捨選択している。

縄文時代、列島人は稲作や農耕の存在をすでに知っていて、それでも積極的に取り入れようとしなかった可能性が高い。縄文人は狩猟採集を生業にしていた。

必要以上の獲物を捕らず、縄張りを守り、暮らしていたのだ。農耕を始めれば、人びとが争いはじめることを、縄文人は海人たちから聞いて、知っていたのではなかったか。

■スサノヲは植林をしていた

神話にスサノヲが最初、新羅に舞い下りたとある。ところがスサノヲはここに住みたくないと言い、「朝鮮半島には金属の宝があるが、日本には浮宝がなければいけない」と述べている。

「浮宝」は、船の材料となる樹木のことで、息子の五十猛神(いそたけるのかみ)とともに、植林をしている。「文明が興り森を失えば、どうなるか」を、スサノヲは朝鮮半島で見聞きしてきたのではなかったか。

神話だからといって笑殺できない。弥生時代後期からヤマト建国に至る歴史を反映していると思う。中国は大混乱の時代で、後漢から『三国志』の時代に突入しようとしていた。

魏・呉・蜀の覇権争いは、物語としては面白いが、状況は悲惨だった。天候不順と飢餓と戦乱で、人口が最盛期の10分の1に激減した。実態は、戸籍上の人口激減だが、それでも多くの人が亡くなり、逃亡し、流民が大量発生していたのだ。まさに、地獄絵巻だっただろう。

この「文明」の惨憺たる姿を見聞きしたスサノヲは、「日本は文明を否定するべきではないか」と考えたのではなかったか。冶金(やきん)と農耕が文明を生み、文明は森を消費する。

遊牧民は豊穣の大地を追われた人たちで、栄える文明の富と土地を、虎視眈々と狙い続けた。少数の騎馬だけでも、森を失った文明を略奪することができたのだ。

森を失えば、天候は荒れ、食料生産は滞り、異民族が流れ込み、混乱が巻き起こり、いずれ文明は衰退する。縄文的で多神教的なスサノヲの感性は、その情景をおぞましく感じたのだろう。

稲作文化が関東に広まるまで数百年の年月を要したのも、「農耕とともに戦争がやってくる」ことを、列島人はよく知っていたからではないか。

そして、経験知がなければ容易に渡ることのできない海が、彼我の間に横たわっていたからこそ、列島人は悠長に、文明を拒むことができたのではなかったか。

※省略

弥生時代後期には、権力集約型の社会統合は、近畿南部を避けるように東に拡大し、ヤマト周辺は富や鉄器の過疎地帯になりはてていたという。権力や文明は、排除されていた可能性が出てきたのである。

※省略

日本列島の海人たちは、朝鮮半島との間を頻繁に往き来していた。「魏志倭人伝」は、農地のない対馬の人びとが南北に市糴(交易)して生活していたと記録していた。

だから、半島や大陸の情報は、つねに手に入れ、見聞きしていただろうし、もともと渡来人とは、戦乱や飢餓から逃れて来た人びとなのだから、彼らは列島人に、「さんざんな目に遭ってきた」と、教えただろう。

「文明など、ろくなものではない」と、列島人に話して聞かせただろう。それ以上に、縄文の文化、多神教世界の住民は、一神教的な物質文明に恐怖し、抵抗したにちがいないのである。(関裕二 歴史作家)

歴史街道 6/22(火) 11:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210622-00010000-php_r-bus_all

★1:2021/06/25(金) 22:50:39.86
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1624629039/

2 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:35:49.71 ID:Y8I5jGki0.net

縄文土器?
弥生土器?

どっちが好き?

3 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:37:00.76 ID:MgDEKiaY0.net

どっちも土器♫

4 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:37:57.88 ID:odxIBTq30.net

戦争知らない人間が戦争怖がってなにかを避けるとか意味分からん

5 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:39:11.52 ID:dzHFx82M0.net

出た、縄文=ユートピア左翼

6 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:40:37.22 ID:1pHz5Seg0.net

これ事実。
関東以北では一旦農耕が普及したにも
関わらず狩猟生活に逆戻りした。

7 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:40:41.71 ID:dUdZKBL00.net

文化がちがーう

8 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:40:42.35 ID:b53Mu7xi0.net

>>2
ドキドキする選択ですねw

9 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:41:00.61 ID:fQL1ivbg0.net

10 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:41:43.75 ID:fQL1ivbg0.net

日本は中国では無く韓国に学んだから発展した、中国だったら日本なくなっていた

11 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:43:29.25 ID:3fc6+Fs20.net

これ「サピエンス全史」呼んで思いついた
劣化パクリ本やろ

バカじゃないのこんな本出して
「サピエンス全史」読んだ方がよっぽどいいわ
ゴミみたいな文章書くなゴミ

12 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:44:07.95 ID:juou1oTF0.net

>>6
貨幣制度も持ち込まれたけど普及しなかったらしい

13 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:44:54.27 ID:Uolb6zCj0.net

>>11
5chで戯れ事しか書き込めないお前より優れた人だと思うよ。

14 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:45:00.50 ID:kLBWRhz00.net

>>10
朝鮮人から見たら夢物語だなww
実態は朝鮮半島では中途半端なので、日本は造船技術を向上させて中華と直接やり取りする事になった。

朝鮮半島は単なる通過点に過ぎない。

15 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:45:13.84 ID:a2//Brq+0.net

十字の墓を富岳でジミュレーションしなよ
前方後円墳など堆積物だから

16 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:45:15.28 ID:xOHTi11A0.net

天皇の先祖がアマタカハラから稲作伝えたんだろ?

17 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:46:29.24 ID:yWX19Clr0.net

>>16
日本の弥生人はO1b2。
O1b2は長江文明の担い手。

O1b2系統が移動を開始したのは約2800年前で、長江文明の衰退に伴い、O1b1および一部のO1b2は南下し、百越と呼ばれ、残りのO1b2は西方及び北方へと渡り、日本列島、山東省、朝鮮半島へ渡った。
このO1b2系統は倭人、弥生人に関連すると考えられる。

18 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:47:47.98 ID:f8JQuDbe0.net

>>6
トーホグで農業なんて江戸時代でも無理だっただろ

19 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:47:56.07 ID:ptJZKeCr0.net

>>17
エペンギの移動はその後?

20 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:48:21.11 ID:V9XtRMKP0.net

エジプトのユークリッド幾何学は弥生時代後期
日本の前方後円墳は古墳時代
そんなに変わらんよ

21 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:48:27.59 ID:0OGxacW50.net

資源や文明の発達が、戦争の元だったりするもんな。
ろくでもないという側面も、分からんでもない。
必要以上のもの、情報が溢れかえってる社会でも
もう要らんと思うわ。

22 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:49:32.28 ID:a2//Brq+0.net

>>20
細かく見ると50年の差がある

23 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:49:48.87 ID:V9XtRMKP0.net

>>19
エベンキ人は中国人じゃない
サハ共和国という親日国の人達
朝鮮とも関係ないし叩いてる奴はチョン

24 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:49:49.98 ID:Of5HxKca0.net

当時の先進国は温暖だった青森市の三内丸山

25 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:49:52.18 ID:dUdZKBL00.net

>>6
紀元前に稲作が持ち込まれてから6世紀まで500年くらい放棄されてたんだよな
冷害も半端じゃないだろうけど、偉い人々からの恩恵薄いのに租税なんて納めてられっかよという話でもある

26 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:50:37.79 ID:X90LErrB0.net

宦官、易姓革命、兵を卑しむ辺りを持ってこなかったのはグッジョブだな
後は他国だとキリスト教、社会主義政権辺りか

27 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:51:39.13 ID:0elEoZq90.net

>>1
君は日本史をもう少し勉強した方がいいよ
マジで

28 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:52:15.68 ID:Of5HxKca0.net

>>26
科挙もよく挙げられるね

29 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:52:23.82 ID:v5XNgWI90.net

>>2
レキシさん おっす

30 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:52:46.98 ID:4PHLs0xI0.net

でも西洋文化を率先して取り入れたら薩長は戊辰戦争で同胞を殺しまくったけどな

31 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:53:05.49 ID:7R3SCAJw0.net

今、シヴィライゼーションって何作目なんだろうか。

32 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:53:07.81 ID:h/7xuqY00.net

人類の文明など超古代縄文人の足元にも及ばない
だが人類には彼らにないものを持っていた
それが「熱血」パワーだ

33 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:53:21.22 ID:dUdZKBL00.net

生口だっけか。弥生時代にはすでに農奴がいたって話だもんな。嫌だよな

34 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:54:45.23 ID:V9XtRMKP0.net

>>30
西洋文化は室町時代から
戦国時代から一貫して日本は西洋寄り

35 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:54:50.21 ID:65bDJENu0.net

よし
日本はまた鎖国して原始人に戻ろうぜ

36 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:55:11.24 ID:FhUi+vha0.net

>>21
まあ基本は資源の奪い合いだよね
特に農耕の場合は従属的に使用出来る土地、水源が必須だし
長期保存出来る食料(収穫物)も保管してあるから略奪も生まれやすい

37 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:56:10.86 ID:Hccqo0pI0.net

また昭和時代に教育を受けた老人が

知識のアップデートもしないで妄想垂れ流すスレになるのかw

38 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:57:32.16 ID:a2//Brq+0.net

>>37
じつはそこにも真実に直結した材料はあるのです
大事なのは私たちの現在の見識

39 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:57:36.02 ID:korefH6p0.net

日本人は稲作以外の生き方も持つべきだったよな
主食小麦にするだけで北海道の開拓はもっと早く進んだし、狩猟採集の文化も続いてたら樺太やカムチャツカあたりまで国土に出来ただろう

40 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:58:53.30 ID:a2//Brq+0.net

>>39
なぜそうならなかったと思いますか?
答えは簡単です

41 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 13:59:51.61 ID:MgDEKiaY0.net

>>40
消費税が取れないからか

42 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 14:00:04.04 ID:VOHBwUib0.net

>>39
五穀豊穣って言うだろ
米至上主義になったのは石高制になったからだよ

43 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 14:00:25.48 ID:erY0oJ3u0.net

ポルポトかよ

44 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 14:00:33.27 ID:Hccqo0pI0.net

>>19
エベンキは元々はロシアの北部に位置する民族

南下したのは、白頭山の大噴火で高句麗などにいた当時の朝鮮人が絶滅してから。
エベンキと同時に南下した蒙古人と朝鮮半島で混血して行った。

韓国人の神話である熊娘と檀君が夫婦になって朝鮮人の始祖を作ったという神話は、
エベンキと蒙古の合流を意味する。

45 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 14:00:34.18 ID:M2ZAFiTA0.net

ネトウヨ「中国文明!? その頃中国は存在してないから!!」

46 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 14:02:31.39 ID:V9XtRMKP0.net

俺もおじいちゃんおばあちゃんから
「日本は農耕民族、西洋は狩猟民族」とか「スイスは理想の中立国」とかそういうのはよく聞いた
戦後ブサヨ教育なのは確かだけど
その頃には一定の意味もあった

だが今もっとわかりやすい社会があるのに
軍国主義とかと全く関係の無いそれらの嘘を
いまだに言い続ける意味はあるのか
正しい理屈に直すのが当然

47 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 14:02:42.74 ID:3jbbkCl50.net

カステラ一1番、電話は2番…(´・ω・`)

48 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 14:03:16.73 ID:dUdZKBL00.net

この場合の文明てのは農耕経済のことだろ
神に奉納して再分配みたいな形で徴税するための稲作普及だもんな

49 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 14:03:39.54 ID:Hccqo0pI0.net

>>39
エジプトのピラミッドの時代から、パンとビールがあったらしいな

日本でパンとビールが主流にならなかったのは、イースト菌とか酵母がうまくできなかったからだろ

50 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 14:03:40.40 ID:TkOqBwPS0.net

>>18
江戸の米の基準は仙台米だぞ

51 :ニューノーマルの名無しさん:2021/06/26(土) 14:04:20.97 ID:HhIIodXP0.net

渡来人は四国に多かった? ゲノムが明かす日本人ルーツ

私たち日本人は、縄文人の子孫が大陸から来た渡来人と混血することで生まれた。現代人のゲノム(全遺伝情報)を解析したところ、47都道府県で縄文人由来と渡来人由来のゲノム比率が異なることがわかった。弥生時代に起こった混血の痕跡は今も残っているようだ。

東京大学の大橋順教授らは、ヤフーが2020年まで実施していた遺伝子検査サービスに集まったデータのうち、許諾の得られたものを解析した。1都道府県あたり50人のデータを解析したところ、沖縄県で縄文人由来のゲノム成分比率が非常に高く、逆に渡来人由来のゲノム成分が最も高かったのは滋賀県だった。沖縄県の次に縄文人由来のゲノム成分が高かったのは九州や東北だ。一方、渡来人由来のゲノム成分が高かったのは近畿と北陸、四国だった。特に四国は島全体で渡来人由来の比率が高い。なお、北海道は今回のデータにアイヌの人々が含まれておらず、関東の各県と近い比率だった。
以上の結果は、渡来人が朝鮮半島経由で九州北部に上陸したとする一般的な考え方とは一見食い違うように思える。上陸地点である九州北部よりも、列島中央部の近畿などの方が渡来人由来の成分が高いからだ。大橋教授は「九州北部では上陸後も渡来人の人口があまり増えず、むしろ四国や近畿などの地域で人口が拡大したのではないか」と話す。
近年の遺伝学や考古学の成果から、縄文人の子孫と渡来人の混血は数百〜1000年ほどかけてゆっくりと進んだとみられている。弥生時代を通じて縄文人と渡来人が長い期間共存していたことが愛知県の遺跡の調査などで判明している。
どのような過程で混血が進んだのかはまだ不明で、弥生時代の謎は深まる一方だ。今回の解析で見えた現代の日本列島に残る都道府県ごとの違いは、弥生時代の混血の過程で起こったまだ誰も知らない出来事を反映している可能性がある。書物にも残されていない日本人の歴史の序章は、ほかならぬ私たち自身のゲノムに刻まれているのだ。

日経サイエンス2021年8月号搭載

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC18CCA0Y1A610C2000000

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

RSS



since 2021.4

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

(・ω・)カウンターっす!

  • 403
  • 1,863
  • 13,024
  • 106,200

記事検索

カテゴリー

当サイトはモナコインを全面的に応援しております。

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com